白髪の原因=食生活

 

 

白髪は普通は年齢が上がると増えてくるものですね。
40代に入ると白髪染めを使用している人も増えるのではないでしょうか。
白髪は加齢とともに増えると思われていますが、実はそれだけではありません。
遺伝やストレス・食生活でも白髪が増えてしまうのです。
中でも食生活は白髪に大きく関係しているといわれています。
髪の毛にはバランスの良い食生活が大切です。特にダイエットなどで過度に栄養を取らなかった場合は髪につやが減って、パサついた感じになってきますがそれが進むと白髪の原因にもなってきます。
ダイエット中でも必要な栄養素はしっかり取ることが大切です。
これはヘアケアに限らず、美容全般に言えることですね。
様々な栄養素の中でも白髪に良いのは亜鉛・銅・カルシウムです。
カルシウムにはメラノサイトという髪に色を付ける組織を活性化させる働きがあります。カルシウムは小魚や大豆、小松菜や海藻類や乳製品に多く含まれていますね。
銅は黒髪を作るうえでは欠かせない栄養成分です。
アミノ酸の一種であるチロシンがメラニン色素に変化します。その際に必要なのがチロシナーゼと呼ばれる酵素でこのチロシナーゼが銅イオンと結びつくことで効果を発揮するのです。
ですから、黒髪を作るには銅が必要なのです。
銅は魚介類の中でも干しエビや牡蠣、いかに含まれています。また、レバーや大豆にも入っているのです。
亜鉛は女性は特に必要な栄養食材ですね。血を作りだすのにも大切です。
亜鉛は牡蠣やレバー・牛肉に多く含まれています。

 

牡蠣やレバー・豆腐を多く食べると黒髪を作る補助をしてくれますね。
ヒトの髪の色:こちらには髪の毛と色の関係が書かれています。
黒髪の維持ができれば最高ですね。

 

年末になるとせわしなくなりますね。お正月準備に追われてしまっても、おせちの準備はしっかりしましょう。私はリズリサ福袋2016を予約しました。
審査がゆるく甘いキャッシングってあるの?年末の出費の多い時期には何かと物入りだし。

 

お悩みはヘア?

髪の悩みでまず一番に感じるのは抜け毛ではないでしょうか。最近シャンプーをしていると手に付く髪の毛の数が多くなったんじゃないかと悩んだりしている人も多いのではないでしょうか。一度抜け毛が気になりはじめると、髪の毛をセットするなども怖くなったり、シャンプーをするときも慎重になったりしてしまいます。
髪の悩みは進行していくと、日頃の態度にも表れてきます。人にどう見られているか気になったり、髪の毛のセットなどもしなくなってくると見た目も以前とは変わってみえてしまいます。付き合いなども悪くなったりすることもあるかもしれません。仕事などにも集中出来なくなるかもしれません。
髪の悩みは抜け毛を意識することからはじまることが多いです。ところで1日に何本抜けたら、危険ゾーンに入るのでしょうか。髪の毛は正常な状態の人でも、必ず抜け毛はあります。これは誰しも経験して分かっていることだと思います。髪の毛にも生え変わりのサイクルがありますので、抜け毛がない人はいません。
髪の悩みを持たない、健康な髪の人で1日で平均50本から100本程度抜けるといわれています。そのため抜け毛の危険ゾーンの人は100本以上抜け続けている人ということになります。ただ抜けた髪の毛を1本1本数えるわけにもいきませんので、普段の抜け毛の量よりもあきらかに抜け毛が増えだしたら要注意ということでしょう。