白髪染めは部分染めと全体染めがあります。
美容院で染めていて、自分では部分染めだけをするのか?全体を自分で染めるのかによって白髪染めは違ってきます。

 

 

 

全て自分で染める場合の方法をご紹介します。
初めて全体を染めるとか久しぶりに染める場合は、全体染め用の白髪染めを選ぶようにします。
液体の白髪染めや泡タイプの白髪染めなら、染めむらしにくく全体を染めることができます。
全体染めで染めると1か月くらいは白髪が目立ちませんが、その後は生え際が白く見えてきます。髪は1か月1センチ伸びるといわれていますので、1〜2センチ伸びてきたら部分染めを行います。
また全体染めをしてもいいのでは?と思いがちですが、白髪染めは髪が傷むのでできれば白い部分だけを染める用にしましょう。全体を染めるよりも白髪染めを使用する量も減るので経済的ですよ。

 

 

 

部分染めをする方法は、白髪の目立つ部分にたっぷりと白髪染めを塗ります。指定時間置いた後、髪全体になじませてまた指定時間放置。その後シャンプーして落とします。

 

 

 

部分染めした髪は、全体染めしてある部分と浮いてしまうことがあります。根元なので染まりにくいこともあり、量は多めに使用ししっかり染めることが大切です。そして浮かないように同じ白髪染め液を全体にもなじませるようにしましょう。

 

 

 

1か月ごと3回くらい部分染めを繰り返したら、全体染めをするというサイクルが一番良いとされています。